レスポンシブレイアウトでスマートフォン向けのwebサイトを作る!

フリーランスのエンジニアさんと相談しつつ、webサイトをまずは新しく作り直すことからはじめていましたが。

そこで、真っ先にレスポンシブレイアウトにする提案を受けました。

 

レスポンシブレイアウトは、昨今のwebブラウジングの方法がパソコンだけではなく、タブレット、スマートフォンなど多岐にわたっていることから主流になっているもので、どういった媒体でそのwebサイトを見たとしても、柔軟に調整されて自然に見ることができるレイアウトのことだそうです。

私が昔、教本をなぞって作ったものは、パソコンで見る前提で作っていたもので、当たり前ですがそういったものには対応していませんでした。

この店は、若者向けの美容院なので、特にスマートフォンからの閲覧が多いのでは、とフリーランスの方がおっしゃって。

そこで、レスポンシブレイアウト化でスマートフォンに強いwebサイトを作れば、メインターゲットである若者のお客さんの機会を逃さない。

結果的に、集客力を確実のものにできるとのこいうことだそうです。

 

フリーランスの方から提案された、コスト的にもメリットの方が大幅に上回っているようなので、もちろんレスポンシブレイアウトの方向でwebサイトを新しく作ってもらうことに決めました。

従業員の皆も、スマートフォンからwebサイトを見るケースが多いので、こうしたレスポンシブレイアウトのメリットを理解してくれました。

これで、webサイトの作り直し(リニューアル)は、ひとまず安心といった形になりそうです。